フィルムカメラ

フィルムカメラ

PENTAX SPの固着した電池蓋を簡単に開ける方法

オールドカメラの電池蓋は固着しちゃって開かないことが多い。 特にPENTAX SPみたいにボトムカバー(底蓋)にツライチで電池蓋が付いている機種はカバーと蓋の隙間に入ったゴミが固まったりして、特に開かないことが多いようだ。 俺...
撮影記

千葉の小江戸佐原をミラーレスカメラと白黒フィルムで撮り歩いた夏の日

千葉県の小江戸と呼ばれる佐原に日帰りで写真を撮りに行ってきたので、その日の様子を紹介します。撮影機材はFUJIFILM X-T30と単焦点レンズHengyijia(ヘンイージア) 25mm F1.8を中心に、一部白黒フィルムでの撮影も行い、その作例をたくさん掲載しています。
フィルムカメラ

黒が締まる白黒フィルムRollei SUPERPAN 200の作例集

しばらく前に購入した白黒ネガフィルムのRollei SUPERPAN 200で撮影したフィルムの自家現像とデジタルデュープが終了したのでその画像をご紹介したいと思います。 現像液はD-76(1:1)を使用しました。 ...
フィルムカメラ

写ルンですで写した約30年前の山中湖の写真をデジタルデュープしてみた

俺が若い頃、カメラは一家に一台の高級品で子供が簡単に持ち出して使える物ではなかった。 そんな時代の子供や若者の前に現れた救世主が富士フイルムから発売された「写ルンです」。 発売日を調べてみたら1986年の7月1日だったから、ち...
フィルムカメラ

ネガフィルムを一眼でデジタルデュープし一発で階調反転する方法のまとめ

ネガフィルムをデジタル一眼レフやミラーレスカメラを使ってデジタイズする、デジタルデュープ について複数の記事を書いたので、ここにまとめました。ここから各記事へ飛んで読んでみて下さい。
フィルムカメラ

デジタルデュープしたカラーネガを一発で階調反転する方法!

この記事では撮影後のネガフィルムを手持ちの一眼レフやミラーレスカメラとマクロレンズを使って直接撮影し、デジタル画像として取り込むデジタルデュープについてお伝えするシリーズの第四弾の今回は、Photoshopを使ってカラーネガフィルムをポジ...
オールドレンズ

Canon A-1&FD 50mm F1.4をジャンクボックスから救出!その顛末とは

先日ハードオフでCanon A-1とNEW FD 50mm F1.4を手に入れた顛末をショートストーリー風に紹介します。 ある日の午後、ハードオフにて ハードオフのジャンクボックスを漁っていると、極たまにお宝に巡り会う...
オールドレンズ

ILFORD HP5 PLUSの作例集 ザラッとした質感の白黒フィルム

イルフォードはイギリスの白黒フィルムで、ISO50の「PANF PLUS」からISO3200の高感度フィルム「DELTA3200 PROFESSIONAL」まで色々な特性のフィルムがラインナップされていますが、今回はその中でも一番人気の高...
フィルムカメラ

デジタルデュープした白黒ネガを一発で階調反転する方法!

この記事では撮影後のネガフィルムを手持ちの一眼レフやミラーレスカメラとマクロレンズを使って直接撮影し、デジタル画像として取り込むデジタルデュープについてお伝えするシリーズの第三弾の今回は、Photoshopを使って白黒ネガフィルムをポジ状...
フィルムカメラ

ネガフィルムを一眼で高画質にデジタルデュープしよう-撮影編-

この記事では撮影後のネガフィルムを手持ちの一眼レフやミラーレスカメラとマクロレンズを使って直接撮影し、デジタル画像として取り込むデジタルデュープについてお伝えするシリーズの第二弾の今回は具体的な撮影方法についてわかりやすく解説します。 ...
フィルムカメラ

ネガフィルムを一眼で高画質にデジタルデュープしよう-準備編-

この記事では撮影後のネガフィルムを手持ちの一眼レフやミラーレスカメラとマクロレンズを使って直接撮影し、デジタル画像として取り込むデジタルデュープについてお伝えするシリーズの第一弾として、今回は必要な道具や一部の道具の手作り方法などをわかり...
オールドレンズ

フジカラー100の魔法!何を撮っても昭和ノスタルジーな雰囲気に

俺が子供の頃に一般家庭でよく使われていたフィルムは、価格が一番安かったASA100(現在のISO100相当)のカラーネガフィルムがほとんどで、その中でもサクラカラー100と今回ご紹介するフジカラー100が売れ筋フィルムの双璧だったと記憶し...
フィルムカメラ

富士フイルム【ネオパン 100 ACROS】が Ⅱ型として復活!

国産黒白フィルムの最後の砦として頑張っていた富士フイルムの【ネオパン 100 ACROS】が惜しまれつつ販売を終了したのが2018年の秋の事でした。 これで国産黒白フィルムが生産されることは二度とない。 私はそう思い下記の記事を書いたの...