ネガフィルムを一眼でデジタルデュープし一発で階調反転する方法のまとめ

デジタルデュープフィルム写真

写真がデジタルになる前、写真と言えばフィルムだった頃の鑑賞方法は現像時に同時プリントを頼んでそのプリント写真を見るのが普通だった。

例えばみんなで遊びに行って写真を撮った時には、現像から上がってきた写真を遊びに行ったみんなで見て、それぞれが欲しい写真を選んで焼き増しして配っていた。

焼き増しとは、例えばフィルムの5番目のコマに3人写っていてその3人が写真を欲しいと思ったら、もう一度写真店にフィルムを持って行き、そのコマを3枚プリントして欲しいとお願いする事です。だから、当時は写真をみんなに配るのも本当に手間でした。

でも、現在のデジタル写真なら簡単にコピーして配る事が出来る。

本当に便利になりました。

そんな便利さに慣れてしまうと、フィルムで写した写真だからと言って、簡単に仲間に配ったりSNSにアップしたり出来ないなんて考えられないよね。

だから、最近フィルム写真やってる人達は現像時に同時プリントは頼まずに、デジタルデータ作成サービスを利用してCD-Rに写真を焼いてもらったり、最近ではスマホに直接ダウンロードしてデータを受け取ったりしている人が多い。

もちろん俺も最初はこのサービスを使っていた。

フジカラーCD

この方法は本当に手軽で良いんだけど、毎回500円程度の費用が発生するのでランニングコストが嵩むし、その割には画像サイズも200万画像程度と決して高画質ではないので、本格的にフィルム写真をやるなら別の方法が良いと考えた。

そこで次に考えたのが、フィルムスキャナーでスキャンする方法だけど、低価格のスキャナーは画質もそれなりだし、フィルムスキャンの出来る高級フラットベットスキャナーは最低でも二万円ほどするし本体が大きいから置き場所にも困る。それに、ネットで調べた所スキャン時間もすごく掛かるみたい。

そんな訳でフィルム写真を始めて以来、何か良い方法が無いかずっと探していたんだけど、最近になって知ったデジタルデュープという方法を試してみたらそれほどお金も手間もかからず、しかも高画質にデジタル化できる!

その方法の解説を複数記事に書いたので、ここにまとめてみました。

スポンサーリンク

デジタルデュープに必要な機材や道具

カラーネガ
ベースがオレンジで反転しているカラーネガフィルム

ここまではただフィルムと書いてきましたが、ほとんどの人が使っているフィルムを正確に言うとネガフィルムになります。

このネガフィルムは色や明るさが反転して写るので、ただ撮影するだけではまともな画像として見ることは出来ません。

でも安心して下さい。

今回解説するデジタルデュープでは、最近のカメラ好きならほとんどの人が持っているデジタル一眼レフやミラーレスカメラ、そしてマクロレンズとそのレンズ前にフィルムを固定するためのアダプターを使って直接ネガフィルムを撮影してデジタル化し、その後Photoshop等の画像処理ソフトでネガポジ反転して、ちゃんと画像が見られるようにします。

そのフィルムを固定するアダプターですが、一番よく使われているのはニコンから出ているスライドコピーアダプター ES-1という商品で、もちろん俺もこれを購入して使っています。

この三つが基本の機材で、これだけでデジタルデュープできる場合も多いですが、カメラとレンズの組み合わせによってはステップアップ&ステップダウンリングが必要になったりします。

その辺の詳しい情報は下記の記事で詳しく解説しているのでご覧になって下さい。

フィルムを撮影する方法

撮影のセッティング

デジタルデュープの基本的な方法は、マクロレンズの先端につけたアダプターにフィルムを挟んで固定し、そのフィルムの後ろから光を当てて明るくし、そこにピントを合わせて撮影します。

前の章でカメラ、マクロレンズ、アダプターの三つが基本の機材と書きましたが、出来れば用意した方がいいものに光源用のLEDライトと三脚があります。

日中の明るい窓際ならフィルムに自然光を当てて撮影することができますが、いつもいつもその時間に作業できるとは限りませんよね?

でもLEDライトがあればたとえ夜でも撮影出来るので、あなた自身の都合を優先できます。

また、カメラやLEDライトを固定する三脚もやはりあると便利です。

セッティングさえ済んでしまえば撮影自体に難しい所はありません。ただフィルム一枚一枚を機械的に撮影して行くだけです。

この撮影の方法や注意点については下記の記事をご参照下さい。

スポンサーリンク

デジタルデュープしたネガフィルムを反転処理する方法

ネガフィルムの画像を反転する方法としてよく紹介されているのが、RAWファイルをPhotoshopのCamera RawやLightroom Classicのトーンカーブを使って処理する方法です。

白黒ネガならRGBチャンネルを反転するだけで良いのでまだ楽だけど、これがカラーネガになるとR・G・Bの各チャンネルを別々に調整してバランスを取らなければなりません。

この方法を使って一枚一枚手間をかけて現像するのは画像処理の勉強にもなって良いのですが、根気と時間がめちゃくちゃかかるのを覚悟して下さい。

その点これから俺が紹介する方法だと、Photoshopで処理を自動化するアクションを作ってしまえば、それこそクリック一発で処理が完了しめちゃくちゃ楽。もちろん、画像のクオリティも悪くありません。

Photoshopのアクションでネガポジ反転を自動化

何よりも、写真一枚一枚のトーンが安定するので複数枚の画像を並べた時にも違和感が出ないのが良い。

その方法も別記事で詳しく書いているので読んでみて欲しい。一応カラーバージョンと白黒バージョンの2記事を書きましたが、やってる事はほとんど一緒です(汗)

まとめ

俺がこの方法を知ったのは、Nikon D850の新製品紹介でフィルムのデジタイズ機能が搭載され、簡単にネガポジ反転できるようになったと言う記事を読んだ事です。

だから、そのD850(D780でも出来たと思う)とAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDなどのフルサイズ対応マクロレンズがあればカメラ内でネガポジ反転できてすごく楽なのですが、そのためにD850を買うような経済力はもちろんありません(笑)

そこで少しでも安くそれでいて楽でクォリティーも高くと、いろいろ研究して今回の方法にたどり着きました。

自分で言うのもあれだけど、本当に楽に手早く処理できるので、ここまで読んでくれたあなたにはぜひチャレンジして欲しいな。

それではまた。

コメント