富士フイルムXシリーズカメラのファームアップ方法を画像で解説

X-T30ファームアップレビュー

最近のデジタルカメラは、発売後もファームアップで不具合が修正されたり機能が追加されたりして、性能がアップする事が多い。

場合によっては新機種で新しく採用された機能が、旧機種にもファームアップで追加される事もある。

だから、ちゃんと新しいファームウエアをダウンロードしてカメラをアップデートしている人とそうでない人では、同じ機種を使っていても、実は性能が全く違う可能性もあるのだ

ファームウエアのアップデートは何となく難しそう、面倒だから後回しにしよう、もしかするとそんな風に考えているかも知れませんが、この記事の手順通りに行えば簡単にできるので、怖がったり面倒がったりせずにちゃんとアップデートして、メーカーが与えてくれた最高性能をちゃんと使ってあげよう。

それでは早速、富士フイルム X-T30のファームウエアアップデートの手順を解説します。

ファームウエアのバージョンアップ中にカメラの電源が落ちると最悪起動しなくなるので、バッテリーを必ず満充電してから作業を行いましょう。
スポンサーリンク

手順1:ファームウエアの確認

まず初めにご自身のカメラのファームウエアとメーカーのウェブサイトにアップされている最新のファームウエアのバージョンを確認します。

カメラにメモリーカードが挿入されている事を確認し、背面の「DISP BACK」ボタンを押しながら電源を入れる

1、ボディバージョンを確認し、「DISP BACK」ボタンを押して電源を切る

2、富士フイルムのサイトのトップメニューから「SUPPRT」→「ダウンロード」をクリック

3、ファームウエア下のカメラをクリック

4、ご自身の機種のバージョンを確認し、先ほど確認したカメラ本体のバージョンより上がっていたら次の手順に移る。

手順2:ファームウエアのダウンロード

1、ご自身の機種を選択してクリック

2、開いたページを下まで送る

3、同意するをチェックしてボタンをクリックし、ファイルをパソコンにダウンロード

スポンサーリンク

手順3:メモリーカードのフォーマット

1、カメラのメニューを開き、スパナマークから基本設定を選択してOKボタンを押す

2、フォーマットを選びOKボタンを押す

3、実行を選びOKボタンを押す

4、カメラの電源を切りメモリーカードを取り出す。

手順4:メモリーカードにファームウエアをコピー

パソコンのカードスロットにSDカードを挿入して開き、先ほどダウンロードしたファームウエアファイルをコピーし、再度カメラに挿入する

スポンサーリンク

手順5:ファームウエアのアップデート

1、先ほどと同じように、背面の「DISP BACK」ボタンを押しながら電源を入れ、OKボタンを押す

2、ボディが選ばれているのを確認し、OKボタンを押す

3、実行を選び、OKボタンを押す

4、注意事項を確認し、OKボタンを押して実行する

5、バージョンアップ処理には数分間かかります。その間は絶対に電源を切らないで下さい

6、バージョンアップ完了の画面に切り替わったのを確認し、電源を切る

7、再度、背面の「DISP BACK」ボタンを押しながら電源を入れ、バージョンが上がっている事を確認すれば終了です

まとめ

ファームアップしたX-T30で、近所の5分咲きの桜をベルビアで撮影してみました。

せっかくメーカーが発売後も開発を続けてくれているのですから、ファームアップしなくちゃ損ですよ。

それではまた。

コメント