パソコン

AV機器

時をかける少女のサントラ レコードを35年ぶりに新品購入

35年ぶりに新品レコードを購入してしまいました! 私は夫婦二人で奥華子さんを応援しているのですが、しばらく前にその華子さんが主題歌と挿入歌を担当したアニメーション映画「時をかける少女」のサントラがこの度レコードで発売されると言う情報...
Mac

Apple Silicon(M1)MacにKarabinerをインストールしたらカーネルパニックが!

最初はBluetoothの接続が不安定でMagic Trackpadがたびたびフリーズするなど小さなトラブルが多かったApple Silicon(M1)Macですが、バージョンアップのたびに安定感が増し、最近はとても安定しています。 ...
Mac

M1版Macにおすすめの外付けHDDケースをご紹介

M1版Mac miniに接続する為HDDケースを購入したので、レビューをお届けしたいと思います。 今回購入したケースに内蔵するハードディスクは元々はHackintoshの内蔵HDDとして主に写真や音楽などのデータ保存用に使っていたの...
Mac

M1チップ搭載Macが文鎮化から復活!その全手順を公開します

22日に予定通りM1(アップルシリコン)搭載のMac miniが届いたので早速Hackintoshからタイムマシンでバックアップしてあったデーターを使って設定やアプリをインストールしたのだが、元がHackintoshなので色々な怪しいアプ...
Mac

Apple M1チップと搭載Macの特徴をまとめてみた

先日注文したM1チップを搭載したMac miniがいよいよ明日届く予定なので、その前にネットの記事やYouTubeを見まくって調べたM1搭載Macについてまとめてみようと思う。 そもそもM1チップって何なの? 現代のパソコンに...
Mac

アップルシリコン改めM1チップ搭載のMac miniを購入!

去る日本時間2020年11月11日深夜、アップルシリコン改め「M1」チップ搭載のMacBook Air,MacBook Pro 13,Mac miniの3機種が発表されました。 今回の発表、これはただのモデルチェンジでは無くMacの...
Windows

ガレリア GCL2060RGF-Tレビュー|Photoshop作業がめちゃ快適な快速PC!

一昔前のゲーミングノートは性能は高いけど大きく重く、とてもじゃないけどモバイル的に使うなんて不可能でした。しかも、価格も高く25万円以上は覚悟しなきゃならなかった。 それが最近は少し変わってきて、薄型で軽量でおまけに価格も安い製品が...
Windows

BTOパソコン購入時に知りたいパーツの役割やチェックポイントまとめ

何でもそうだけど、安くて性能が良ければそりゃ嬉しい。 もちろんパソコンだって一緒。 だけど、パソコンメーカーのサイトで解説を読むと良い事しか書いてないし、そもそもスペックをいろいろ羅列されても良く分からない。そんな話をよく聞き...
Mac

iMac&Mac miniユーザにMagic Trackpad 2を勧める2つの理由

デスクトップ型のMac(iMac,Mac miniなど)を使っていてMagic Trackpadを使ってないなら今すぐに導入した方が良いよ!今回はそういう話です。
Windows

テレワークにも最適!マウスコンピューターおすすめノートパソコン6選

働き方の多様化が進み、テレワーク(在宅勤務、モバイルワーク、施設利用型テレワーク)などで働く人が増え、さらにフリーランスの在宅ワーカーやノマドワーカー達も、最近では無視できないほどの人数に増えて来たと感じます。このような働き方の方に共通して必要なものと言えば、やはりパソコンしょう。また、コロナウイルスの影響により発令された緊急事態宣言により、自宅勤務を命じられた、或いは命じられそうな方もたくさん居ると思う。
周辺機器

パソコン用キーボードをチャートを使って簡単に選べるようにしてみた

新しいパソコン用キーボードを買おうと考えて情報集めにググってみたけど、色々な種類が出てくるしサイトによっておすすめが違うから、時間をかけたけど結局何を選んで良いか分からなくって、とりあえずAmazonで評価の高いのを買ってみたら何だか使い...
周辺機器

静電容量無接点キーボード 選び方のポイントとおすすめ機種

キーボードを探している時に、2〜3万円もするやたらと高いキーボードを見つけたことはありませんか? おそらくそれは「静電容量無接点方式」を採用した、ある意味究極のキーボードです。 ビックリするような値段ですが、それだけの価値があ...
Mac

Macなら簡単!フィルムシミュレーションを後から調べる方法

富士フイルムのミラーレスカメラを使っていたら、何かしらのフィルムシミュレーションを使って撮影していると思います。 でも、後から撮影写真を見たときに「あれ?この写真、どのフィルムシミュレーション使ったかな?」なんて思ったことありません...