2018年版 Nik Collectionを無料でダウンロードしてインストールする方法

アイキャッチどもども!あきです(^^♪

この記事を見つけたあなたはすでにご存じで説明する必要はないと思いますが、知らない方のために一応Nik Collectionに付いて簡単に解説します。

Nik CollectionはAdobeのPhotoshopやLightroom用のプラグインソフトで、コレクションと言うタイトルから分かるように複数のプラグインがセットになっています。

その内容は簡単に言えば画像に特殊加工を施すもので、一例を挙げれば「Silver Efex」というプラグインソフトを使えば、とても高品位なモノクロ画像を作る事が出来ます。

そのような一芸に秀でたプラグインソフトが7本集まったのがNik Collectionなのです。

このプラグイン集は最初、数万円の価格で販売されていたのですが、2012年にGoogleが開発メーカーのNik Softwareを買収し、その当初は15,000円ほどの価格で販売されましたが、2016年に無料化されGoogleのサイトから誰でもダウンロードして使える様になりました。

この無料化のインパクトは大きく、その頃作られた記事が今でもたくさん残っていますが、それらの記事からダウンロードサイトに飛んでも既にGoogleサイトでの配布は終了しているのでもうダウンロード出来ません

その後のNik Collectionはと言えば、今度はDxO社がGoogleから買い取り開発を続ける事になりました。

そして2018年6月にDxO社から新たに発売されましたが、もちろん有料に戻っているので新しいバージョンはもう無料では使えません。

Googleが無料配布していた頃に私もダウンロードしていたのですが、OSの再インストールをする時に要らないファイルを整理して、このNik Collectionも消してしまっていました。その時は、使いたくなったらまたダウンロードすればいいと思っていたのですが・・・

しばらく前にまた使おうと思って探したら前述したように既にGoogleからはダウンロードできなくなっていて泣く泣く諦めました。

しかし・・・諦めきれずにダメ元で探してみたら、現在の開発元DxO社が古いバージョンを無料配布していたのです!

いやあ、灯台下暗しでした。

もしかすると前の私のように泣く泣く諦めた方が大勢居るんじゃないかと考えて、そんな方を一人でも救えればと思いこの記事を書く事にしました。

Nik Collectionのダウンロード方法

ダウンロードページでメールアドレスを入力

DL上の画像がリンクになっているのでクリックして下さい。すると、同じページに飛ぶと思いますので【Email address】のところにご自身のメールアドレスを入力し、チェックボックスにチェックを入れて【SUBMIT】をクリックします。

このようにDxO社にメールアドレスを知らせて、広告メールなどが送られてくる事に同意しなければダウンロードできません。

もしも、それが嫌なら使うのを諦めるか有料版をご購入して下さい。

メールを受信してOSを選択しダウンロード

mail画像のようなメールが送られてくるので、ご自身の使っているOSのボタンを押して下さい。するとブラウザーが開いてダウンロードページに飛び、自動的にダウンロードが始まります。

DxO上記のページが開いて終了です。

インストール時の注意点と起動方法

私はWindowsユーザーなのでWindowsで解説しますが、Macでもたぶん同じだと思います。

セットアップ通常のアプリケーションと同じようにインストールを続けていると上記のような「対応ホストアプリケーション」を選択するダイアログが出ると思います。

この時、Lightroom Classic CCがあなたのパソコンにインストールされている場合も一覧には出てきません。

あれ?Lightroomには対応していないの?と心配になりますが大丈夫です。とりあえず、このままインストールを続けて下さい。

Lightroomの起動方法

Lrメニューメニューの「写真」→「他のツールで編集」とたどって開くと画像のように6つのツールが選べます。

Lr起動Analog Efex Pro2を起動してみました。

HDR Efex Pro 2の起動方法

HDR Efex Pro 2だけは先ほどのメニューからは起動できません。

Lr_HDRダイアログメニューの「ファイル」→「書き出し」とたどると上記のようなダイアログが開くので、プリセットと書き出し先にHDR Efex Pro 2を選んで【書き出し】をクリック。

Lr_HDR起動新しいファイルを書き出し、そのファイルを開いてHDR Efex Pro 2が起動します。

Photoshopの起動方法

PSランチャー

Nik Collectionをインストールすると自動的に上記のようなランチャーメニューが開くようになりますので、そこから各プラグインソフトを起動して下さい。

PSメニューランチャーメニューを閉じてしまった場合は、メニューの「フィルター」→「Nik Collection」とたどって起動して下さい。

Silver Efex Pro 2Silver Efex Pro 2を起動してみました。

Silver Efex Pro 2 & HDR Efex Pro 2を使用してみた

Silver Efex Pro 2

Silver Efexアフター

HDR Efex Pro 2

HDRビフォーHDRアフター

せっかくなので、2つのプラグインで調整した画像をのせておきます。ただ、本当に適当にいじっただけなので、仕上がりは勘弁して下さいね(^_^;

まとめ

サポートが無いとは言え、これだけのプラグインソフトを無料で公開して頂けるのは本当にありががたいですね。

ただ、先ほどもいったようにサポートは無いですし、ホストアプリケーションPhotoshopなどのバージョンアップでいつか使えなくなってしまうかも知れません。

その点製品版なら安心なので、気に入ったらぜひとも製品版を購入しましょう。価格も1万円以下ととても良心的ですから。

ではでは。