Photoshop

Photoshop

Photoshopでlorem ipsumという謎の文字が入力されちゃう時の対処法は?

クリエイティブクラウドになってからのPhotoshopは、どんどんアップデートされて新しい機能が追加され、ますます使いやすくなっていますよね。 先日も大きなアップデートが実施されてバージョンが遂に20にの大台に到達し、名前もAdobe Photoshop 2019になりました。 そこまでは良いのですが、昨日新バージョンで初めてテキストを挿入しようとしたら「lorem ipsum」という謎の文字列が勝手に挿入されるようになっていました。 その時は急いでたので、とりあえずその文字を消して新たに文字を打ったのですが、ずっとこのままじゃ使いにくいので原因を調べてみました。
Photoshop

2019年版 Nik Collectionを無料でダウンロードしてインストールする方法

どもども!あきです(^^♪ この記事を見つけたあなたはすでにご存じで説明する必要はないと思いますが、知らない方のために一応Nik Collectionに付いて簡単に解説します。 Nik CollectionはAdobeのPhot...
Photoshop

Photoshopの入門機能「明るさ・コントラスト」ツールをなめるなよ!

撮影した写真を見て「なんだかいまいちだなあ?」そんな風に思ったことが、あなたもきっとあると思います。そんな風に思う原因は色々ありますが、中でも一番多いのが少し暗く写った写真です。最近のカメラは性能がよいので、大幅に露出(明るさ)がくるう事はほとんどありませんが、やはりカメラも万能ではありません。被写体によっては写真が明るすぎたり暗すぎたりする事も良くあることです。でも、安心してください!そんな写真もPhotoshopで少し調整するだけで、見違えるようなきれいな写真に変身させることが出来ます。
Photoshop

Photoshopのパネルとツールバーをカスタマイズして登録する方法!

あなたはPhotoshopでどのような作業をしたいと思っていますか?私のようにフォトレタッチかも知れませんし、イラストを描きたいと思ってるかも知れません。いずれにしても、自分が使いたいツールがすぐに使える様にをカスタマイズすれば、作業効率は格段に上がります。もちろん、Photoshopの初心者にはどのようなインターフェースが自分に合っているかなど分からないと思います。
Photoshop

レイヤーの基礎を覚えてPhotoshopを使いこなす為の第一歩を踏み出そう!

Photoshopを使い始めたばかりの初心者が最初に感じる醍醐味は、やはりレイヤーを使う事だと思います。また、理解できずに挫折する機能の筆頭もレイヤーかも知れません。ですからレイヤーは、Photoshopを使いこなす上での最初の関門になります。Photoshopはものすごく多機能で巨大なアプリケーションです。そして、フォトグラファー、デザイナー、イラストレーターなど色々な方が利用していますが、すべての機能を理解して利用している方はほんの少数で、ほとんどの方は自分の利用する機能だけを覚えて使っています。しかし、どのような作品を作る方でもレイヤーは利用しているでしょう。逆に言うとレイヤーを使わないのであれば、Photoshopを使う必要がないとも言えます。
Photoshop

Photoshopで誰でも簡単フォトレタッチ 古いプリント写真もこの通り!

どもども!あきです(^^♪ もちろん、色褪せたプリントのヴィンテージ感は良いものですが、そのまま朽ちてボロボロになっては将来の子供や子孫に残す事は出来ません。 そうなる前にスキャナーでスキャンして、傷や色あせなどをレタッチすれば...
Photoshop

Photoshopで誰でも簡単フォトレタッチ アルファチャンネルの使い方

これからこの場所で、50過ぎのPhotoshop初心者おじさんが習い覚えたテクニックを同じ初心者に向けて書いていこうと思います。ちなみに、Photoshop歴は1年数ヶ月ほどです。 そんな初心者のわたしですから、高度なテクニックは書けませんが初心者目線の記事なら任せて下さい。同じ初心者がつまずきそうな所を丁寧に書いていこうと思います。 では、わたしと一緒に脱初心者を目指しましょう!特に中高年の方々(^^)