【アンカーリンクス レビュー】ストラップが簡単に外せるだけで…

アンカーリンクスレビュー

アンカーリンクスってやっぱり便利なのかな?

あなたが今そう思って調べてるなら「買って後悔することはない」と俺は言い切ってしまいます!

その理由は?

スポンサーリンク

Peak Design アンカーリンクスとは

アンカー

Peak Designのアンカーリンクスは簡単に言うと、カメラストラップがワンタッチで着脱できるようになるアイテムです。

構造は簡単で、カメラ側に取り付ける丸いアンカーとストラップ側に取り付けるアンカーハウジングが対になっていて、アンカーをハウジングに収めることによりストラップを装着します。

ワンセットにはハウジング2つに対してアンカーが4つ、カメラ2台分が付属しています。

また、アンカーの耐荷重は90kgと耐久性も十分高いので大切なカメラも安心して預ける事ができます。

アンカーリンクス7つのオススメポイント

ストラップを簡単に取り外せると、カメラの運用がどれだけ便利になるのか?

俺が感じた7つのポイントを紹介します。

その1.着脱がワンタッチ

論より証拠。

写真と動画で着脱シーンをご紹介。

アンカーリンクスの着脱方法

アンカーをスライドさせて

着脱1

ハウジングにはめるだけで

着脱2

ワンタッチで装着完了!

着脱3

その2.同じストラップを複数のカメラに付け替えて使える

最初は一台のカメラで満足していても、カメラ趣味が高じてくるといつの間にかボディが増えて来てしまいますよね?

そんな時もアンカーリンクスがあればお気に入りのストラップを新しいカメラに簡単に付ける事ができて大変便利です。

その3.三脚撮影で邪魔になるストラップを簡単に外せる

カメラを首や肩から下げる事ができるストラップは撮影には欠かせないアイテムですが、三脚を使っての撮影や最近では動画撮影のためにジンバルに設置する時にはそのストラップがとても邪魔になります。

でも、アンカーリンクスを介して装着したストラップはワンタッチで外せるので、ストラップは邪魔だけど外すのも大変だからとそのまま撮影を続行して、いらないストレスを感じる事もなくなります!

その4.カメラバッグ内でストラップが邪魔にならない

カメラバッグに収納する時には大変邪魔になるストラップも、初めから外してボディとストラップを別々に収納すればバッグの中できれいに収まり、ストラップが邪魔でレンズが取り出しにくいなんて事も無くなります。

その5.ネックストラップとハンドストラップを併用できる

普段はネックストラップで運用しているカメラでも、今日はスナップ撮影で速写したいからハンドストラップに付け替えたい。

そんな時もアンカーリンクスなら簡単に付け替えOKです。

その6.リバーシブルストラップが使いやすい

リバーシブルストラップ

最近のおしゃれなストラップはリバーシブル仕様になっている製品が沢山あります。

そんなストラップも普通にカメラに結んでしまうと簡単に外せないから、結局同じ面をずっと使ってしまいがち…

でも、アンカーリンクスなら……分かりますよね?

その7.ストラップが濡れても簡単に干せる

最近は防塵防滴のカメラやレンズが増え、雨の日でも気兼ねなく撮影できるようになりました。

そうは言ってもカメラに水分は大敵ですから、撮影から戻ったらすぐに水分を拭き取って防湿庫や防湿ボックスにしまいたいもの。

しかし、ストラップが濡れているとそれが乾くまでカメラを防湿庫に入れる事ができませんが、そんな時もアンカーリンクスならストラップを簡単に外せるのでボディはすぐに防湿庫へ、ストラップは干して乾かす事が出来るので安心です。

スポンサーリンク

Peak Design アンカーリンクスの取り付け方法

カメラ側の取り付け

カメラのストラップ取り付け部分にアンカーを通して輪っかにくぐらせて取り付けます。

カメラ側

ストラップホールの穴が横長で大きめのカメラの場合は直接取り付けられる場合もありますが、通常の丸い穴には通らない可能性が高いです。

俺のFUJIFILM X-T30 とPENTAX SPのホールには通りませんでした。

アンカーの紐部分は強度を確保するために結構太くて柔軟性も低いので無理に入れようとせずに、三角環や付属の丸環に通す事をおすすめします。

ストラップ側の取り付け

アンカーハウジングをストラップの両端にカメラに取り付ける時と同様に結びます。

ストラップ側

愛用ストラップ BROOKLYN FACTORY NUTSもご紹介

このストラップはカメラ女子に大人気!みたいな感じで紹介されている事が多いアイテムだけど、50過ぎのおっさんが臆面もなく使っています(汗)

撥水加工が施されたちょっとレトロな雰囲気のキャンバス生地が金属の塊的な機械式フィルムカメラによく合うと思ってチョイスしましたが、大当たりで俺のPENTAX SPによく似合っている。

アンカーリンクスつける前に撮影

カラーは四種類の中からオフホワイト&オリーブグリーンのセントラルパークを選択。水色(ライトブルー)のダウンタウンレイクと少し迷ったけど、こっちはカメラ女子感満点なので流石に思い止まりました(笑)

四種類のカラー

実際の使用感も幅広(32ミリ)仕様なので、首や肩にストラップが食い込んで痛くなったりせず、キャンバス生地の肌触りもとても良いから不快感に集中力を阻害される事なく撮影できます。

価格も安い(二千円程度)ので、予算は少ないけどちょっとオシャレなストラップが欲しい人にはオススメですよ!

スポンサーリンク

最後に

アンカーリンクスをお勧めしているブログや動画は多いですが、使ってみて納得!本当に便利です。

このような商品の常で、このアンカーリンクスもAmazonなどで中国製のパチモンが本家の半分以下の価格で売られていますが、この細い紐に大切なカメラやレンズを預けるのです。

安心感を買うためにも、使うならちゃんとした製品を使いましょう。

それではまた。

コメント