X-T30の速写性はハンドストラップと外付けグリップで大幅アップ!

ハンドストラップと外付けグリップレビュー

FUJIFILM X-T30のグリップは出っ張りが少ない薄いグリップなので、がっしり握り込んで撮影する事ができないのは購入前から分かっていたが、最初はネックストラップで首から下げていて、撮影時に握るだけだったから「まあこんなものか」とそれほど不便は感じていなかった。

しかしFUJIFILM X-T30を購入後程なくしてフィルムカメラに大ハマりし、デジタルとフィルムの二台体制で撮影に出る機会が増えた事で状況が変わる。

当初はフィルムカメラを首から下げ、X-T30はネックストラップを手首に巻いて使っていたけれど、うまく巻けなくて何度も巻き直したりするのが大変だったし、そもそもストラップが邪魔でとても撮影しにくかったのだ。

そこで前から興味のあったハンドストラップを試してみようと考えた。

スポンサーリンク

安くて丈夫なETSUMI製ハンドストラップ

ストラップとカメラ

初めてのハンドストラップ購入なので、自分には合わなくてすぐに使わなくなる可能性も考え、まずは格安の製品をAmazonで物色したところ日本メーカーのETSUMI製にも関わらず千円以下で購入出来るストラップを発見。

レビューも悪くなかったので、とりあえず購入して見たのがこのストラップです。

ストラップ

実際に届いてみると縫製はしっかりしていて安っぽさは微塵も感じられないし、素材もとても丈夫そうで安心してカメラを任せられる

手首を通す部分は少し狭いので通すのはやや大変だが、通してしまえばすっぽ抜ける心配がないのでとても安心感がある。

手首を通した状態

革製や帆布製の様なデザイン性の高さはないが、質実剛健で実用性の高いストラップだし、何よりも安いので俺のように初めてハンドストラップを購入する方には本当にお勧めの製品だと思う。

ハンドストラップの利点とは

常にカメラを右手で握り込んでいるので、速写性が大幅にアップする。これに尽きる。

ハンドストラップを使う前まではそこまで速写性が変わると思っていなかったが、カメラを首から下げているととっさのシャッターチャンスに間に合わない事がままあった。

首から下げているとカメラに手を伸ばし、グリップを握ってから構えるという一手間が加わるので、被写体を見つけた瞬間に本当に撮影するべきか一拍考えてしまい、その間が速写性を阻害するのだ。

それがハンドストラップになると、被写体を見つけたら反射的にサッとカメラを構えられるようになった。その違いは本当に大きい。

それなら、手の甲に装着するタイプのハンドストラップの方が密着度が上がってより良いと考えるかも知れないが、それだと右手がフリーにならないので首に下げているフィルムカメラが使えないし、俺は愛犬の散歩にカメラを連れ出すことも多いのだが、その時は排泄物の処理などに両手を使うので、右手を使いたい時には手首からカメラをぶら下げられるハンドストラップが一番具合がいい。

常にカメラを握り込んでいられて必要な時は両手をフリーに出来るのが、ハンドストラップの最大の利点だと思う。

スポンサーリンク

FUJIFILM X-T30にはやはり外付けグリップが必要だ

外付けグリップ装着状態

ハンドストラップでFUJIFILM X-T30を運用するようになると、常にカメラを握っているのでグリップの小ささが顕著に感じられるようになった。

撮影時の握りにくさももちろん多少あったのだが、それよりも右手にぶら下げて持ち歩く際の握りにくさの方が問題で、カメラを握って腕を下ろした時にグリップが薄くて指先に引っ掛けられないから、どうしても指先で強く摘んで持つ必要があり、その指先がとにかく疲れるのだ。

そこで外付けの拡張グリップの購入を考え、まずは純正品を調べて見たところ一万円以上と購入を躊躇うような価格だった。

そこでサードパーティーの製品を調べたところ、やはりと言うか中華メーカーから色々な製品が発売され、そのどれもが純正の半額以下だったのでその中から一番良さそうなこの製品を選んだ。

外付けグリップ単体

理由は候補の中では一番グリップ部が長く握りやすそうだった事と、おまけでソフトレリーズボタンも付属する事だ。

外付けグリップ

その判断は当たりで、製品の加工精度も高く取り付けた時のガタは全く無く、グリップは撮影時も持ち歩き時もとても握りやすくなり大満足!

そればかりでなくカメラ本体ではレンズの光軸からズレていた三脚穴がこのグリップをつけると光軸に合うようになり、三脚撮影がとても楽になる。

外付けグリップ底面

取り付けは中央部分に見えるネジをカメラ本体の三脚穴に合わせ、付属の六角レンチかコインで締めるだけでOK。

もちろんグリップを付けたままでもバッテリーやSDカードの抜き差しは出来るので、普段の運用で不便になるところは特に感じられません。

また、三脚にアルカスイス互換クイックシューを使っているならそのまま取り付けられるので大変便利ですよ。

まとめ

FUJIFILM X-Tシリーズはコスパの高い良いカメラですが、本格的な撮影にはやはりグリップの小ささがネックです。

逆に言えば外付けグリップでその部分を解消すれば、更に使いやすいカメラになります。

俺は最初にグリップを取り付けてから今回撮影で外すまで、グリップを一度も取り外しませんでした。100gほどカメラが重くなりますがそのデメリットを補って余りある程カメラが使いやすくなるって事です。

ハンドストラップの必要性はそれぞれの撮影スタイルで変わってくると思うけど、外付けグリップの方はFUJIFILM X-Tシリーズを使っている万人にお勧めします!

それではまた。

コメント