テレワークにも最適!マウスコンピューターおすすめノートパソコン6選

Windows

働き方の多様化が進み、テレワーク(在宅勤務、モバイルワーク、施設利用型テレワーク)などで働く人が増え、さらにフリーランスの在宅ワーカーやノマドワーカー達も、最近では無視できないほどの人数に増えて来たと感じます。

このような働き方の方に共通して必要なものと言えば、やはりパソコンでしょう。

また、コロナウイルスの影響により発令された緊急事態宣言により、自宅勤務を命じられた、或いは命じられそうな方もたくさん居ると思う。

最近はスマホで何でも出来るようになったので、自分のパソコンを持ってない人も多いと思うが、会社からパソコンが支給される大企業に勤める一部の方以外は、在宅勤務用のパソコンを自分で用意する必要があるのが現実です。

そうは言ってもパソコンは高額なので、大メーカーの製品を選んでいては簡単に15万円の壁を超えてしまい、楽に買える金額ではなくなってしまう。

それでは、少しでも安く高性能のパソコンを導入するにはどうすればいいのか?

そこで私がお勧めするのが、BTOパソコンメーカーのマウスコンピューターです。

その豊富なラインナップの中から、今回はテレワークやモバイルワークに最適なノートパソコンをご紹介したいと思います。

マウスコンピューターとはどんなメーカーなの?

スポンサーリンク

その前にBTOパソコンについて簡単に解説します。

BTOとは Build to Order の略語です。

日本語で言えば「受注生産」の事になります。

その言葉から分かるようにBTOパソコンとは、あなたの使いやすい様にメーカーのサイトでパソコンの中身をカスタマイズしてから注文し、メーカーはそのオーダーを受けてから生産するパソコンの事で、そのシステムによりあなたは好みや使用目的に合ったパソコンを受け取ることが出来るのです。

また、その便利な仕組みを使ってパソコンを製造販売しているのがBTOパソコンメーカーなのです。

もっと良く知りたい方は【コスパ最強パソコンをゲットしたいなら迷わず◯◯◯パソコンを狙え!】で詳しく解説しているのでぜひ読んでみて下さい。

さて、BTOパソコンメーカーについてはある程度分かったと思うので先に進みますが、あなたはテレビCMで、乃木坂46が「マウス マウス パソコンマウス〜♪」と歌っているのを聞いた事がありませんか?

そう、そのCMで宣伝しているメーカーがマウスコンピュータです。

その1番の特徴は、豊富なラインナップを誇りながらもマニアックになりすぎていない所。

他にも安くて素晴らしいBTOパソコンを販売しているメーカーはたくさんありますが、どこもちょっとウェブサイトの作りがマニアックで、パソコンの用語に詳しくない人お断りって感じがプンプン漂って来ます。そこがマニアには堪らないのですが。

その点マウスのサイトはとても見やすく整理されていて、あまり詳しくない方でも自分好みのパソコンを探しやすくなっているのがいいんです。

もちろん製品も素晴らしく、何度か実機レビューさせていただいた時も、どのパソコンもとても使いやすくて返却するのが惜しく感じたものでした。

テレワーク用パソコンの必須条件とは?

  1. 無線(Wi-Fi&Bluetooth)機能
  2. ウェブカメラの搭載
  3. フルHD(1920×1080)以上のディスプレイ
  4. 起動の速いSSDを搭載
  5. 最低8GBのメモリー

無線機能については最近のノートパソコンはほぼ100%搭載していると思いますが、一応チェックしておきましょう。

2番目のウェブカメラはパソコンを選ぶときに見落としがちですが、ウェブ会議を行う時に必ず必要になるので忘れずにチェックしましょう。

3番目のフルHDディスプレイは特に重要で、画面が狭いと仕事の効率が極端に落ちるので安さに惑わされて解像度の低いディスプレイのパソコンを選ばないように注意しましょう。

価格の安いノートパソコンにはまだまだハードディスク搭載の製品も存在しますが、そんなパソコンを選んでしまうと起動や動作が遅くてイライラしてしまうので、やはりここはSSD搭載パソコンを選ぶのが賢い選択です。

最後のメモリーについても、やはり安い製品では4GBしか積んでいない事もありますが、そんなパソコンで作業すると、例えばエクセルで作業しながらブラウザでタブを数個開くだけで動作が遅くなってしまいます。メモリーは最低でも8GBですよ。

もちろん、これから紹介するパソコンはこの5つの条件を全てクリアしているので、安心して選んで下さいね。

スポンサーリンク

マウスコンピューターのおすすめノートパソコン

それでは早速マウスコンピューターのおすすめノートパソコンをご紹介します。

モバイルと据え置き型に分けておすすめ順に紹介しますが、パソコンに求める性能は人それぞれ異なるので、解説やスペックを見てご自身に一番合った機種を選んで下さい。

ここに掲載した機種は俺が厳選してるので、どれを選んでも後悔はありませんよ。

マウスのモバイルノートPC ベスト3

第1位 MousePro-NB410H

MousePro-NB410H
項目搭載スペック
OSWindows 10 Pro 64ビット
CPUCore™ i5-10210U プロセッサー ( 4コア/ 8スレッド/ 1.60GHz/ TB時最大4.20GHz/ )
メモリ8GB
ストレージM.2 SSD 256GB
グラフィックインテル® UHD グラフィックス
液晶14.0型ワイド液晶パネル ( 1,920×1,080 / LEDバックライト / ノングレア )
無線Wi-Fi 6(最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5
Webカメラ100万画素 (Windows Hello 顔認識カメラ搭載)
動作時間25.0時間
幅×奥行き×高さ(mm)322×218.2×16.9 (折り畳み時/ 突起部含まず)
重量1.10kg
価格109,800 円 (税別)
Windows Proを積んだ、ビジネス向けの質実剛健なモバイルノート。
特筆すべきは、モバイル向けでは大型の14インチモニターを搭載しながら1.10Kgの軽量ボディに、標準で動作時間約25時間の大容量バッテリーを搭載しているところ。この仕様なら場所を選ばずどこでもバリバリ仕事が出来ます。
公式サイトで特徴を確認NB410Hをカスタマイズ

第2位 mouse X4-i5

X4-i5
項目搭載スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore™ i5-10210U プロセッサー ( 4コア/ 8スレッド/ 1.60GHz/ TB時最大4.20GHz/ )
メモリ8GB
ストレージM.2 SSD 256GB
グラフィックインテル® UHD グラフィックス
液晶14.0型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線Wi-Fi 6 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5
WEBカメラ100万画素 (Windows Hello 顔認証カメラ搭載)
動作時間約 12.0時間
幅×奥行き×高さ(mm)320.2×214.5×17.5 (折り畳み時/ 突起部含まず)
重量1.13kg
価格89,800円(税別)
WindowsはHomeエディションで、バッテリー動作時間は半分になりますが、そのほかは第1位のNB410Hとほぼ同じ性能のパソコンが約2万円安く手に入るので、ある意味大変お買い得だと思う。
公式サイトで特徴を確認mouse X4-i5をカスタマイズ

第3位 mouse X4-B

X4-B
項目搭載スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 5 3500U プロセッサー ( 4コア/ 8スレッド/ 2.1GHz/ ブースト時最大3.7GHz )
メモリ8GB
ストレージM.2 SSD 256GB
グラフィックRadeon™ Vega 8 グラフィックス
液晶14.0型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大1.73Gbps) + Bluetooth 5
WEBカメラ100万画素 (Windows Hello 顔認識カメラ搭載)
動作時間約 9.4時間
幅×奥行き×高さ(mm)320.2×214.5×17.5mm (折り畳み時/突起部含まず)
重量1.13kg
価格79,800円(税別)
インテルに拘らないならば、4コア/ 8スレッドのCPUを積んだ軽量モバイルノートがこの値段で手に入るのは、めちゃくちゃコスパが高いと思う。AMD Ryzenなのでこの順位にしたが、影の第1位かも知れない。
公式サイトで特徴を確認mouse X4-Bをカスタマイズ

マウスの据え置き型ノートPC ベスト3

第1位 mouse B5-R5

項目搭載スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 5 4500U 6コア/ 6スレッド/ 2.3GHz/ ブースト時最大4.0GHz/ 8MB L3キャッシュ
メモリ8GB
ストレージM.2 SSD 256GB
グラフィックAMD Radeon™ グラフィックス
液晶15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線インテル® Wi-Fi 6 AX200 (最大2.4Gbps  ※10/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵
WEBカメラ100万画素
動作時間約 8.5時間
幅×奥行き×高さ(mm)360.4×239.3×19.9mm(折り畳み時/ 突起部含まず)
重量約 1.62kg
価格79,800円(税別)
CPUは最近インテルを脅かすほどの勢いでシェアを伸ばしている、AMDのRyzen™ 5 4500Uを搭載しています。その性能はインテルの6コアのCore i7-10710Uと比較できる程で、コストパフォーマンスで考えると今はAMDの方が良いのでは?と考えてしまいます。また、据え置き型にしては約 1.62kgと比較的軽量なので、いざと言う時はモバイルとしても使えると思います。
公式サイトで特徴を確認iconB5-R5をカスタマイズ

第2位 mouse F5-i5

mouse F5-i5
項目搭載スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore™ i5-10210U プロセッサー ( 4コア/ 8スレッド/ 1.60GHz/ TB時最大4.20GHz/ )
メモリ8GB
ストレージM.2 SSD 256GB
グラフィックインテル® UHD グラフィックス
液晶15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5
WEBカメラ100万画素
動作時間約7.5時間
幅×奥行き×高さ(mm)361×256×24.1 (折り畳み時/ 突起部含まず)
重量約2.1kg
価格89,800円(税別)
家庭でゆっくり仕事が出来るならば、テンキー付きの大型モニターノートの方が快適に作業が出来ると思います。性能的には第1位のB 5-R5には及ばないが、インテル製のCPUにはやはり安心感があります。もちろん、性能も最新の第10世代Core i5 CPUを搭載しているので悪くは無いですよ。
公式サイトで特徴を確認mouse F5-i5をカスタマイズ

第3位 G-Tune P5

G-Tune P5-D
項目搭載スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10750H プロセッサー 6コア/ 12スレッド/ 2.60GHz/ TB時最大5.00GHz/ 12MBスマートキャッシュ
メモリ8GB (8GB×1) 
ストレージM.2 SSD 256GB (NVMe対応)
グラフィックGeForce® GTX 1650 / インテル® UHD グラフィックス
液晶15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線インテル® Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵
WEBカメラ100万画素
動作時間約 10.0時間
幅×奥行き×高さ(mm)359.5×238×22.8(突起物含まず)
重量約 2.02kg
価格119,800円(税別)
このG-Tune P5はゲーミングパソコンです。でも、だからこそ高性能で仕事も快適にこなせます。CPUは末尾のHが示すようにモバイル向けとしては最高性能のシリーズなのでどんなアプリも楽々動かす事ができます。
グラフィックも専用のGPUを積んでいるので画像や動画の編集にももちろん最適です。
その性能を考えたら、ゲーミングパソコンは実はコスパ抜群なのです!
公式サイトで特徴を確認iconG-Tune P5をカスタマイズ

まとめ

マウスコンピューターには沢山の機種が揃っているので選んでいると目移りしてしまうと思いますが、今回ご紹介した機種はその中からテレワークに最適な機種を俺が厳選しました。

どの機種もコスパに優れたとても良いパソコンです。

仕事にも遊びにも、きっと役立ってくれると思います。

それではまた。

コメント