初心者カメラストーリー【依カメラ】1.目覚めちゃった!

2018年9月24日

yori-1

依、美少女写真でカメラに目覚める!

スマホのアラームが鳴っている。

依(より)は、手探りでスマホに手を伸ばすとアラームを止めた。

でも、ここまでは無意識。頭はほぼ寝てる。

しかし、習慣とは恐ろしいもの、頭はまだまだ寝たいのに、体の方が勝手に目覚めようとして自律的に動き続け、ついに目元までかぶっていた布団から顔を出すことに成功した。

冬とはいえ南向きの窓に吊るされた薄手のカーテン越しに降り注ぐ朝日はとても眩しくて、その光を受けるとくっつきたがる瞼も渋々ながらも遂に開き、依は目を細めながらゆっくりと伸びをした。

遅くまで起きてたから眠いなあ・・・。

そんなまだ夢うつつの頭に昨夜の記憶がよみがえった。

ネットで調べ物をしていて、いつの間にか関係ない記事を読んでいるのはいつものこと。

でも、いつもの依ならクリックしないようなリンクをなぜかクリックしたのは運命のいたずら?

ブラウザーの画面が切り替わり、何気なくスクロールしていたら、その写真が目に飛び込んできた!

ちょっと欅坂のセンターに似た眼光鋭い少女が半身の体勢でカメラ目線で立っている。背景は自然ぽいけど、大きくボケていて良くわからない。

とにかく、その大きくボケた背景から浮き上がったボーイッシュな美少女が凄くかっこ良くってチョー魅力的!特にその目!その目に射すくめられて、しばらく視線が離せなかった。

「私もこんな写真撮りたい!」

依の中に突然そんな強烈な感情が目覚めた。

普段から写真は好きで、インスタとかよく見るけどこんな風に思ったのは初めての経験だったから、自分でもちょっとびっくり。でも、この気持ちは本物だ!

興奮した依は、今まで調べてた事なんてすっかり忘れて、とりあえず思いついた”ポートレート 背景ボケボケ”ってキーワードでググってみた。

そしたら上の方に”背景がきれいにぼけたポートレートを撮りたい!”っていうそのまんまのタイトルの記事が出てきたから、クリックして読んでみたけどチンプンカンプン(-_-;)

でも、検索上位の記事を片っ端から読んでみると、望遠レンズとか絞り?とか(明るいレンズってなにさ?)ぼかす為には色々設定とかレンズとか考えなくちゃいけない事だけは何となく分かった。だから、やっぱりレンズが交換できる立派なカメラが必要みたい。

それで、ちょっと調べてみたけど十万とか平気でするし・・・うーん、でも欲しいなあ。。。

まどろみながらそんな事を考えていたら、5分後に設定してあったスヌーズでまたスマホが鳴りだした。

「やばっ遅刻しちゃう!」

依は布団から飛び出すと、お気に入りの電気ケトルに浄水器から水を注いでスイッチを入れると洗面所に駆け込んだ。

つづく

2.どんな写真が好きですか?→